ワーホリ生活inパース
2005年6月よりオーストラリアの西、パースでワーキングホリデー中!日々の出来事をブログで公開。 同じくワーホリ中の人、これからオーストラリアに行く人など大歓迎♪

プロフィール

ポゥ

Author:ポゥ
以前語学留学などで訪れたパースで2005年6月からワーホリ中♪
1年間ラウンドしないでパースに留まる予定。
日々の出来事を綴っていきます!



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



月別アーカイブ



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ここんとこ

更新滞り中。
したいんだけどさ。時間がね。
てなわけで、まとめてアップップ。

では新年ということで、気持ちも改めて基本の情報にでも戻ってみましょうか。
では「持ってきて良かったーと思ったもの編」。 前もやった?

国際免許証! どーだ!ちょっと基本ぽーい。
これは一番最初にオーストラリアに来た4年前、持ってました。
滞在期間半年のうち、運転回数2~3回 要するに使わなかったのね
でもなんか有効期限(運転できる期間)が3ヶ月だとかって聞いたけどそうなの?
しかし、本来の目的とは別に、ナイトクラブなど年齢確認が必要な時に便利でした。他の子はパスポート持ってってたけど、失くしたらやだし。でも国際免許証なら失くしてもヨシ♪まあ良くはないけどさ
突然酒類買う時にも大丈夫 

ちなみにその後5年有効のWA州運転免許に書き換えました。運転ほとんどしないけど(車ないから)身分証になるから便利☆ 日本大使館とかで日本の免許を翻訳してもらって、テストにパスすればいいだけ。でも翻訳料金ボリボリだよ(怒)!

そうそう、またすごいのみつけたのでご紹介。
「No piece of paper can be folded in half more than seven times.」
「どんな紙でも7回以上は半分に折れない」
って意味だけど(意味わかる?)、やってみたらできないの!
でもうっすーい紙でやったらできるんじゃないかなー?って思うんだけど。どうなんだろ。
次。
「The reason honey is so easy to digest is that it’s already been digested by a bee.」
「蜂蜜が消化しやすいのは、すでに蜂によって消化されてるから。」 
ポゥとしてはとってもへ~、なハナシ。
最後にもひとつ。
「23% of all photocopier faults are caused by people sitting on them and photocopying their buttocks.」
ほんとかよっ!


バイトのススメ

最近調子上向き
やっぱやる事が(バイト)があって、収入があると余裕が出る!
てことは…
働くと忙しくなる→
時間を大切にするし&お金に余裕が出る→
暇つぶししなくていい&好きなものも買える→
ついでに英語も上達するかも?

なんかいいことだらけ!

さて、今日はオーストラリアのバイトについて。
働くっていってもポゥはどこでもいいと思う。
「せっかくオーストラリアに来てるんだから、それっぽいところで働きたい!」
って思うのは当然。
でもオーストラリアで何の経験も英語力も専門の知識もない、知り合いの紹介でもないところで見つけるのに大変だと思う(もちろんそれでも見つけられる人はいるけど)
だからポゥは日本食レストランなんかのバイトも大賛成。

とかいいつつ、自分は日系じゃない所探すぞ!って意地になってたけど… でもポゥは前に留学してたし、お金もなかったから地元のとこ探したかったんだよ~
そうそう、こっちでがっぽり稼ごう!なんてことは考えないほうがいい!
日本食レストランやお土産屋などは時給$7~12くらいだし(そこからさらにTAX引かれる事も)、普通のレストランでも$15~18くらい税引き後はやっぱり日本のが稼げると思う!
たくさん働ければいいけど、レストランは特に、ランチやディナーの時間帯(2~5時間)だけ働いて欲しいっていうとこ多いみたいだから。
ツアーガイドや旅行代理店も人気だけど、長いところだと1ヶ月の無給トレーニングがあったり!(もちろんもっと短いところも) まあこれは将来ガイドとして働きたい人には良いかな

あと、ITなんかの技術があれば3ヶ月の契約でも雇ってもらえたりする事も。

そして気になる英語力
これは「仕事中話す人は日本人のみ!英語に触れる機会なんて全くなーい!!」
って業種以外は、どんな業種? ある程度伸びると思う。
日本食レストランでも地元のお客さんはたくさん来るだろうし、お土産やさんやガイドでも一緒に働く人はオージーや日本人以外がいたりする。
ちなみにポゥは多少伸びたと思う。
働き始めたときは、他のバイトの子が言った事やお客さんの注文を聞き取れなかったりしたけど今は大丈夫に
なんでも慣れだな~と実感。

やっぱりワーホリはバイトするべし!お金があるなら旅だけするのもよし…いいなあ
ちなみにポゥはピッキングがしたい 家の契約あるんでパース離れられないけど…

気になるTAX

確かワーホリのTAX(税金)は30%くらいだって聞いた。
調べてみた

見たのはココ→ http://www.ato.gov.au によると、Residents(居住者)は
$6,000まで税金なしで、
$6001から$21,600までは$6,000を越す毎$1につき15セントの税金がかかる。
(=15%)
注:$21,601以上は稼がないと思うので省略。
そしてNon-residents(居住者以外)は
$0から$21,600だと$1につき29セント (=29%)
※2005-2006 Financial yearです。もし間違えてたら訂正コメントを

ってことは居住者以外は少ししか稼がなくても税金免除にはならないってこと
注意書きで「移民局と税務署のいう“Residents″の定義は同じではありません」っちゅーからちょっとの期待してみたけど…
Australian Taxation Officeによると、
6ヶ月以上続けてオーストラリア国内にいて、
ほとんどの間1つの仕事についてて、
同じところに住んでいると
税金についてはresidentsとみなされるらしい。
他のところにも
休暇中、または6ヶ月以内の滞在なら居住者としてみなされません。だって

前働いてたホテルではもちろんワーホリだって知らせてるにも関わらず、引かれたTAXは20%もいってなかったから、
「もしかして?
と思ってたけどやっぱ3割弱引かれるはずなんだぁ…
じゃ、多分間違えてただけなのねー

今のバイトも前とだいたい同じで時給平日$17強の、土日$21弱。
でも引かれるTAXが10%くらい多くなると思うとがっかり 29%って取りすぎだよね。
それでも全然いい方だと思うべきかな、日本食レストランとかに比べると


家情報(ちょっとだけ‥)

書くことないのでパース生活情報!
家編

最初にちょっと説明しておくと、ポゥはこのワーホリ以前に語学留学等でパースに滞在してたことがある。
今回来たときは初めて自分で不動産屋さん(Real Estate)と契約してフラットを借りてるが、以前はホームステイ・シェアハウスに住んでた。

まず、ホームステイ。
ポゥがホームステイしたのはイギリス出身の老夫婦の家。2001年当時で$160/週だった。 
今は$170~180らしい。

ポゥ以外にもう一人日本人のワーホリの子と。バス・トイレは夫婦用のとは別にあって、結構快適だった
食事もおいしかったし、カジノやカフェに連れてってもらったり。
ただ学校(city)から遠かったので2ヵ月後にはシェアに。
友達のホームステイには他の人とルームシェアしなきゃいけなかったり、夕食が少ないなんて問題があった子もいて、ポゥのホームステイは当たりだったなあと思う

そしてシェアハウス。
オーナーがすごくフレンドリーなオージーで、シェアメイトは韓国人カップル、韓国人の男の子2人+犬1匹だった。
ここのシェアではみんな仲良くなって楽しかった

ただ‥ゴキが

ゴキが大量発生。

多いときには1週間連続で退治した。
洗面台にあるポゥの歯ブラシの隣に居座ってた時も。
ゴキの他にも鳥かと見間違えたほどデカイ蛾がシャワーの辺りを羽ばたいてたことも。

ほんとに大好きなシェアだったけど、これには勝てなかった‥
みなさん、家を探すときは慎重に

パースの気候と日本から持って来る物

今雨降ってる…
でも小雨で、傘差して歩いてる人は少ない。

なんでかってゆーと、どーせすぐ止むだろうから。
こっちの天気は変わりやすい。
朝降ってたからって傘を持ってくと昼にはカラッと晴れてたりして傘が邪魔に…なんてことよくある。
急に降り出した雨もちょっと雨宿りすればもう止んでたり、っていうこの変わりやすい天気が私は好き
1年通しての日照時間も他に比べて長いらしいし
ただ冬に雨続く時があってそれは辛いけど…

そんなわけでこっちに傘を持ってくるなら折りたたみのがいいと思う!
あと、ちょっとした雨なら大丈夫な、パーカとか活躍
スニーカーも日本で気に入ったのを持ってくる。
あと、服はこっちでも買えるけどサイズが小さめの人はちょっと苦労するかも。
私はこっちのサイズでも平気だけど、やっぱ日本のがいいのが多い

最近は買い物してなくて同さんと今度日本に行ったら買い物したいねーって言う日々… 日本が恋しいっ!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。